小陰唇肥大に関する悩み【小陰唇の悩みを解決して毎日ハッピーに!】

女性

原因と治療法の種類

女性

小陰唇とは、女性の外陰部一部を指します。大陰唇の内側に位置している左右一体のひだのことを小陰唇と呼びます。この小陰唇に関する悩みを抱えている女性もいるでしょう。小陰唇肥大といって、その名の通り小陰唇が大きく広がり下着やパンツに擦れて痛みを感じるのです。小陰唇というデリケートな場所だけに同性や家族にも悩みを打ち明けられずにいるという方も数多く見られます。
小陰唇肥大は先天的なものです。思春期や妊娠をさかいに大きくなったという方も多く、ホルモンが関係しているという説もあります。ほかにも、慢性的な炎症や年齢によるものなどの説もあります。

小陰唇肥大に悩まされている方の中には恥ずかしくて病院に行けないという方もいるでしょう。中には痛みや今後の出産に影響するかも知れないという不安を抱えている方もいます。小陰唇の治療法の種類には大きく分けて二つです。切開手術とレーザーに分けられます。痛みやダウンタイムが少ない治療もあるので、安心して治療を受けることができます。切開手術を行ったとしても小陰唇は血流が良く傷の治りも良い場所のため、術後の傷跡が目立つという心配もありません。手術の時間も三十分程度で終了します。膣の悪い影響が出ることもないので、出産も問題なく行えます。また、小陰唇肥大の手術を受けることで、黒ずみの解消や痛みやニオイも改善に導くことが可能です。小陰唇肥大に悩まされている方は、ぜひ一度医師に相談してみましょう。

布ナプキンを使用する

女性

ほとんどの女性が紙ナプキンを使用しています。使い捨てができるという手軽にメリットがありますが、布ナプキンは洗濯することで繰り返し使用できるので環境に優しいです。

詳細を確認する...

生理時の様々な悩み

困る

多くの女性が生理の時にかぶれやかゆみなどの悩みを抱えていることでしょう。布ナプキンはかぶれ防止や生理痛予防に効果が期待できるとされています。かぶれが防止できれば自然とかゆみ予防にも繋がります。

詳細を確認する...

バストを美しく見せる

親子

バストにコンプレックスを抱いている女性も少なくありません。バストの形や位置など、人によって様々な悩みが挙げられます。バストにコンプレックスを抱いているのなら、育乳ブラでバストを育ててみましょう。

詳細を確認する...